TOREHA WEB トレハロースは林原

トレハの基礎知識

甘味度

甘味度の比較

トレハの甘味度は砂糖の38%で、甘さが後に引かず上品ですっきりとした甘味質を持つ糖質です。素材の持ち味を引き出し、低甘味に仕上げられます。

ガラス化による安定化

各種糖質のガラス移転温度

食品はガラス化させることで、吸湿しにくいより安定な状態に仕上げられます。単糖類、二糖類の中では、トレハはガラス転移温度が高いため、トレハを配合することで、食品をガラス化させやすくすることができます。
よってキャンディ、クッキー、米菓、各種乾燥品などの吸湿防止やクリスピー感の改良に利用できます。

着色性

メイラード反応

トレハはアミノ酸やたん白質との共存下で加熱しても、褐変(メイラード反応)を起こしにくい糖質です。

耐熱・耐酸性

耐熱・耐酸性

トレハは、熱や酸に対して、天然に存在する二糖類の中では安定な糖質です。着色や分解が少ないため幅広い食品加工用途に利用できます。

溶解性・起晶性

各温度での飽和水溶液濃度

トレハの水に対する溶解度は砂糖に比べて低く、マルトースと同等です。結晶性が良いため、吸湿性の低いシュガートッピング、シュガーコーティング、フォンダン、ボンボンなどをつくれます。

吸湿性

吸湿曲線

トレハは、低吸湿で安定な糖質です。錠菓・糖衣錠などの素材に適しています。食品工場などでの作業の際も吸湿の心配なく使用できます。

トレハ®の基礎知識
トレハロースとは
トレハの基本物性
甘味度
ガラス化による安定化
着色性
耐熱・耐酸性
溶解性・起晶性
吸湿性
構造・規格
製造方法
トレハの11機能
糖の基礎知識(糖思考)