TOREHA WEB トレハロースは林原

製造方法

トレハロース生成酵素の発見

かつて、酵母から抽出されていたトレハロースは、林原がでん粉から直接トレハロースを作る2つの酵素を発見し、安価な大量生産方法を開発したことで、コストダウンしました。これにより、こちらのサイトで紹介するようなトレハロースの隠れた力が発見されて、様々な用途が広がってきました。

林原のトレハロースは、水飴やぶとう糖と同じように、トウモロコシなどのでん粉から作られています

トレハロースの生産酵素の発見

でん粉はぶどう糖がいくつも繋がったもの。そこに2つの酵素を作用させてトレハロースがつくられます。 ひとつは端っこのぶどう糖をひっくり返してトレハロースの構造にするもの(酵素1)。もうひとつは、トレハロースの構造になった部分をでん粉から切り離すもの(酵素2)。2つの作用が幾度も繰り返され、多くのトレハロースができます。

このできたトレハロースを精製したのち、濃縮し、結晶化することにより、製品「トレハ」として仕上げます。

この反応を繰り返してトレハロースが多量に生成される

でん粉から製品までの流れ

トレハロースの結晶管理の様子
「トレハロース」の結晶管理の様子
トレハロースの結晶
トレハロースの結晶
トレハを製造している岡山機能糖質工場
トレハを製造している岡山機能糖質工場
トレハの粉末
トレハの粉末
トレハ®の基礎知識
トレハロースとは
トレハの基本物性
構造・規格
製造方法
トレハの11機能
糖の基礎知識(糖思考)